副業による給料UP法

副業による給料UP法

今勤めている会社は辞めずに、副業で収入を増やしたいというWebエンジニアに向けて、副業をする際に気をつけるべきポイントや収入UPを実現させる方法などを紹介します。副業をする場合は本業に支障が出ないことが絶対条件です。勤務先の就業規則で副業が禁止されていることもありますので、事前にしっかりと確認してください。軽い気持ちで始めた副業が原因で本業を失ってしまっては、収入UPどころか大幅な収入減になってしまい本末転倒です。

副業による給料UP法の記事一覧

就業規則と労働法

就業規則と労働法

労働法上副業については何の規定もなく、禁止されていません。しかし、ほとんどの企業では就業規則の中で「副業はできない」旨を定めています。裁判例では、会社の業務に支障を及ぼし、企業秩序に影響を与えるような副業でない限りは、就業規則違反を理由として懲戒処分の対象とすることはできないと解釈されています。そのため、実際は副業が黙認される事例が多く存在しています。今後は、副業を容認した上で届け出をさせたり、誓約書を出させるなどの方向に変化していく可能性があります。

注目の週末起業とは

注目の週末起業とは

Webエンジニアの多くは給料の安さに頭を痛めていますが、独立はリスクが大きすぎます。そんなときにおすすめなのが、会社を辞めずに週末に副業を行う「週末起業」です。週末起業には会社を辞めないので収入が安定していて万が一副業に失敗してもリスクが小さいなどのメリットがあります。しかし、週末の自由時間がつぶれてしまうことや本業に悪影響が出てしまう可能性もあるのがデメリットです。最近はロート製薬のように副業を認める企業も出ています。あなたも週末起業に挑戦してみてはいかがでしょうか。

本業として高給与を実現するには

本業として高給与を実現するには

Webエンジニアの仕事は、やり方次第で収入を大きく伸ばすことが可能です。もともと1つの案件に対する報酬額が高い職業ということもあって、フリーランスになると会社員時代よりはるかに多い報酬を得られる可能性が大幅に広がってくるのは魅力的でもあります。しかし、そこで一番問題になるのが仕事探しです。フリーランスのエンジニアを探している企業自体はかなりの数にのぼりますが、まったく取引実績のない相手といきなり契約を結んでくれることはあまりないでしょう。