本業として高給与を実現するには

本業として高給与を実現するには

Webエンジニアの仕事で高給与を獲得するために効率の良い方法は、フリーランスとして働くことです。しかし、フリーランスにただなるというだけでいきなり収入が増えるというわけではなく、計画的に仕事をしていく必要があります。

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket

Webエンジニアがフリーランスになると

会社員としてWebエンジニアの仕事をしているのであれば、仕事中にこなした案件の数に応じた報酬をもらうわけではないため、月々決まっている給与が大きく変動することはありません。会社員であればボーナスや昇給があるので、開発スピードが早くてクオリティーも良いということになれば、ゆくゆくは収入が上がっていく可能性がありますが、すぐに大幅な増収とはならないでしょう。
Webエンジニアが手掛ける案件の報酬額を月額に換算してみると、1人当たりの平均は約60万円になります。もしもフリーランスのWebエンジニアとして安定的に仕事をすることが可能であれば、さらに多くの報酬を得られるようになります。自分1人の力でそのような高額案件を見つけて契約をするのはかなり難しいかもしれませんが、専門のエージェントを上手く活用すれば効率的に案件を探すことが可能になるので、安定的に高収入を得られる可能性が高まるでしょう。

エージェントの役割

フリーランスは仕事さえあれば収入を大きく伸ばすことができますが、肝心の案件探しを個人の営業で賄うのは難しいのが現状です。フリーランスのWebエンジニアを探している企業の多くは、専門のエージェントを通して最適な人材を見つけています。そうであれば、フリーランスの方もやはりエージェントから案件を紹介してもらうようにした方が大きな仕事を得やすくなるでしょう。エージェントは人材を探している企業とフリーランスが出会うための仲介をしてくれますが、それぞれのニーズをしっかりと踏まえてお互いに納得できる取引ができるようなサポートをします。営業が苦手なエンジニアであってもエージェントが代わりに営業をしてくれるので、持っている能力を最大限企業側にアピールすることができるだけでなく、さらなる報酬アップのための交渉も行ってくれるので、フリーランスにとって心強い存在になるでしょう。

フリーランスの強い味方「レバテックフリーランス」

レバテックフリーランスの案件・求人は業界でも最高レベルの高単価を実現しています。

「参照:レバテックフリーランス」

業界でも最高レベルの高単価案件を持ち、初心者からベテランフリーランスまで幅広いサポートを展開しているのがレバテックフリーランスです。会員登録は無料で簡単に行うことが可能で、専門知識の豊富なコーディネーターが各種相談に対応し、エンジニアの希望に合った案件を探したり、企業との条件交渉を代行してくれます。