注目の週末起業とは

注目の週末起業とは

「給料が安い」というのは、多くのWebエンジニアに共通する悩みです。今の会社に勤めていても大幅に給料が上がるとは思えないし、だからといって独立するのはリスクが大きいと考え、どうしたらいいのか迷っている人も多いでしょう。そんな人におすすめしたいのが「週末起業」です。

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket

「週末起業」とはどのようなものか

会社勤めをしているならば、少なくとも月に10日前後の休日があるはずです。業種にもよりますが、週末が休みになっているケースが多いでしょう。その休みに副業を行い、会社を辞めることなく新たな収入源を得るのが「週末起業」です。もしあなたがWebエンジニアとして一定の技術を持っているのでしたら、最初はクラウドソーシングサイトに登録するなどして副業の窓口を作ります。クラウドソーシングを通じて仕事をしているうちに、中には直接依頼をしてくるクライアントも現れるでしょう。そのようにして徐々に収入を増やしていき、軌道に乗ったら独立開業を目指すこともできるのです。実は20代~40代のサラリーマンのうち、5人に1人が副業をしているというアンケート結果もあるのです。あなたの同僚の中にも、すでに週末起業をしている人がいるかもしれません。

メリットとデメリットは?

週末起業にはいろいろなメリットがあります。まず、会社を辞めずに副業を行うため収入が途切れることがありません。いきなり会社を辞めてフリーランスになると明日からの収入が保証されていませんので、気分的には雲泥の差といっていいでしょう。そして万が一副業がうまくいかなくても、会社を辞めていませんので収入は確保されています。独立すると簡単には撤退できませんが、週末起業ならば撤退は楽です。
ただ、物事はメリットばかりではありません。本来ならば心身を休めるはずの休日に副業を行うわけですから、当然のことながら自由時間は減ってしまいます。遊んで心身をリフレッシュすることが難しくなるのは結構こたえます。また、副業に根を詰め過ぎると本業に影響が出てしまうこともあります。肝心の本業で大きなミスをして減俸されたのでは副業の意味がありません。いかに効率的に心身をリフレッシュするかが週末起業の鍵になります。最近ではこうしたデメリットを解消すべく、週末起業をフォローしてくれる企業も出てきました。

ロート製薬「社外チャレンジワーク」

「社外チャレンジワーク制度」とは土・日・祝・終業後に収入を伴った仕事に就業すること(兼業)を認めるというもの。

「参照:ロート製薬」

大手製薬会社のロート製薬は「社外チャレンジワーク」という新たな制度を創設しました。

  • ロート製薬
  • ロート製薬
  • 社員の能力をいろいろな形でお金にすることを認めたロート製薬のこの制度は各方面から注目されています。

こうした流れが広まれば、週末起業をするサラリーマンも増えていくでしょう。もしあなたがWebエンジニアとしての能力に自信を持っているのでしたら、週末起業で収入をアップさせるのもよいかもしれません。